2017年度の公的年金の支給額が
16年度から0・1%引き下げられる見通しとなったそうですね。

前々から、年金は枯渇状態だということは皆さんご存知ですよね。
それがまた更に引き下げられるとはあと数年経過した時には
年金はもらえないのではないでしょうか?


これからの時代、年金をあてにしてもしょうがないと
若い世代の方は付き合いもせずに貯金をしているのもわかります。


のんきな人は何とかなると思っている人もいらっしゃいます。
それと、日件に加入しているから大丈夫だと安心しきっている人も
中にはいらっしやいますよね。

保険はいざという時の備えですが、ですがお金がなければ保険料も
支給されないのです。
なぜなら、先進医療を受けるには実費の先払いです。
その実費の現金がなければ、先進医療もの治療も受けることも出来ませんし
そこから申請して数か月後に保険料が払われるのです。

高い金額を払って保険に加入していても
お金がなければ保険料が下りないからくり。

何も考えていない人ほど、保険があるから大丈夫だと
たかをくくって結局最後は痛い目をに合うのです



保険に入るのもいいですがまずは現金を確保することの方が大切なのです。

日本も経済状況がよくないですし、これから先良くなる見通しも立っていません。
ですから頼れるのは、自分自身なのです。


幸せな結婚生活を送るにもお金はかかります。
離婚の原因の9割はお金の問題です。
また愛を形にするのもお金です。


貯金をするのもいいですがお金を増やすために脳を使い
経済回路を広げていきませんか?



ハートティアラエクセレント
http://hearttiara-excellent.net/